スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなじ

お仕事品が入って、作業が2週間ほど分断してました
ひとまずは片付いたので五十六の作業を再開するです


五十六のうなじですが、パーツ分割がそこでなされております
そのせいで、生え際の情報量が不足しており、どうにも不自然に見えてしまいます

とりあえず後れ毛を生やしてみた
menath2a 012
以前組んだオーキッドの「HUSTLER」を参考にしてます
とはいえ、こういうのは仮組みまでにやっておくべきものなんですがね…

使ってる毛ですが、\100ショップで買った歯ブラシを使ってます
menath2a 013
先端が尖ってるタイプ
ドライヤーの熱風をあてて曲げてたりもします

ぬぅ…
毛の方にも色を乗せ、最後の段で瞬着でもって固定してやるです
スポンサーサイト

巌となりて、苔のむすまで

マスキング作業の合間に台座となる石碑をば
ベースの暗色から適当にバーッと吹きつけ
しゃぶしゃぶに溶いたエナメル黒(艶消)をバーッと塗りつけ
そして今こんな感じ

menath 335

んーと、あとはバーッとドライブラシをかければ良いのかな?

石碑の基部辺りに苔を生やしても良さそうではありますが、さてどうしたもんか?
ジオラマとかその辺のノウハウは皆無なもんで
確かそれ専用のパウダーとか、そういうモノがあったような気がしますが…

ちょっと調べてみよう

装束

例によって服のマスキングが煩雑です、
今回はそれに加えてマスクする面積も大きいので前回よりも手こずっております

menath_20091122213628.jpg

それと、服の裏地で色の境目がよく解らない部位がいくつかあり、その辺りは目見当で誤魔化したのですが、それが組んだ時に不自然に見えないかちょっと不安です
その境目は殆どが身体で隠れる筈なので、多分大丈夫だとは思うのですが…

マスクした所が段差になってたり、そのマスク漏れもいくつかあるのでリタッチしては艶調整しますかね
布地が完全に艶消し、金銀銅のところは一寸艶を落として印象を落ち着かせてやる予定です

(埃が)吸い付くような肌

少し吹いては乾燥させ、全体を組上げては全体のバランスを確認し
それを繰り返してこんな感じ

menath 335

初めは少し黄色めなクリア肌より、途中で赤味を足して奥部や赤味の差す部位を中心に吹き重ねてグラデを出してます

空気が乾燥してるのもあり埃が塗膜に付きまくりで、乾燥させてはそれを粘着麺棒でぺとぺと剥がすのが結構骨だったりします
気付かぬままにクリア肌に封入されてた埃を見つけた時のガッカリ感といったらもう…

この方法はグラデが出しやすく斑が出にくいのが利点なのですが、重大な難点もいくつかあります

工程数が多くて時間がかかる
クリア層の厚みで色の深さを出すので、塗膜がかなり厚くなる
色の再現性が無い

他にもいくつかありますが主なのはこの辺り
特に再現性に関しては致命的でして、水着キット等で一部のパーツをドボンしてやり直した場合、必ず他のパーツと色合いの相違が出ます


デコマス等では顔をやり直す事が多いのですが
最近は顔のパーツを予め2つ以上、肌色まで吹いた状態のを用意してたりします

朱に交わり、赤くなれ

今回は(も?)肌色面積が大きいので、クリア肌色を新たに調色

以前に作りおいたのをベースとしてそれにクリア塗料を足していくのですが、毎度それが黄色に振れていきます

menath_20091112181403.jpg

左の大瓶のも、以前は右のと同じ位でした
光にあたる場所に保存してた訳でもないのに、どんどんオドロキの黄色さに
もう変色するものとして、これはこういうものだと割り切るしかないのでしょう

完成品の肌が黄色ばんでいってるってな訳でもないので、塗装の段でその都度クリアレッドを足して調整してやれば良いだけの話なのですがね

今回のはレジンの地色のクリーム色が強いので、少し赤を強め
個人的にはウェーブのキットみたく純白のレジンだと有難いです
まぁ、キャラメルキャストやグレーキャストでないだけ良しとしましょう
プロフィール

あらくま

Author:あらくま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。